交通事故で訴えられた時は

交通事故では基本的には、訴訟まで行くことは余り無いと言えるでしょう。免許点数を引かれる行政処分、罰金などが課せられる刑事処分に加え、損害賠償や慰謝料を支払う民法上の責任を負うことで解決するケースも多いです。
とは言うものの場合によっては過失割合で折り合いが付かなかったり、事故原因の認識に相違があったりして、自身は訴訟を望まなくても訴えられるケースはあります。

訴えられてしまった際には不意に訴状が届きますし、慌ててしまうかも知れません。
保険会社に対応を任せていて、揉め事が解決しない場合や相手の請求に屈しているような時にはショックも大きいでしょう。
裁判は必ずしも原告側が有利と言うわけでは無く、立証責任は被害者側にあるので落ち着いて対処しましょう。

まずは何と言っても弁護士に相談してみるのが得策と言えます。
弁護士は各種法律のスペシャリストですし、裁判で何が焦点になってくるのかを見通せる能力があります。
場合によっては示談に持ち込んだり和解に持って行ける可能性も考えられるでしょう。
相手にとって裁判はただの脅しで、有利に示談を進めるつもりかも知れませんが、そう言った場合も弁護士は力になってくれるはずです。

相手が事故に関してずる賢い智慧を持っていたり、向こうも弁護士を用意している可能性も高いです。
言われるがままに慰謝料支払いや過失を認めさせられる可能性も無いわけではないので、しっかりと法律的な知識を持って戦うには、弁護士は大きな力になってくれるでしょう。

ここでどうやって弁護士を選んだら良いかという点ですが、実は彼らにも得意不得意があるので、特に交通事故の処理を得意としている方を探すと良いでしょう。交通事故は保険や医療機関との関係、道路交通法など色々と特殊な事情もあるので、実績を積んでいる先生に任せるのが安心と考えられます。

初回相談で随分と気が楽になる事も考えられますので、まずは、気軽に話を聞いてもらってはいかがでしょうか。